FC2ブログ
プロフィール

タム

Author:タム
適量の鉄分。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ばっかり、空。 【De-Briefing】
[20190216]
もっとこう、ガツンと強い光が欲しかったのだが、
冬らしい光と云えばそうなのかも。

2019年1月
[20190130]
北陸新幹線の開業前も、開業後も。
羽田便の小型化→減便→路線廃止と云う、負の連鎖にビビり続けている富山県。
ならば撮っておかねばなるまい、B3も。
そして、路線ある限り待とう。
まだ見ぬ機材と絡む楽しみ、を。
(羽田便の話題なのに時間的にベストな光線状態の、ニュー千歳からの便だと云う話はナイショだ。)

2019年1月

[20190118]
2018年12月

[20190101]
規制線を張ったワケではないし、威嚇したワケでもない。
スカスカ・クリアな空と境内、最高の舞台をありがとう、僕のために。


[20180830]
伊丹の兄弟、OK?

2018年8月

[20180730]
久しぶりに空港近くに出向いてみると、景色が大きく変わっていてビックリ。
むかし皆んなで並んで、焼けない空を見つめながら28mmだの35mmだのと離陸
を待っていた田圃は、某大手アパート経営会社により絶賛工事中。
撮れるうちに撮っておく、は鉄則。
お馴染みの光景がまたひとつ、思い出になった。

そして、久しぶりにB787にも会えた。
貴重なチャンスで失敗したくないから、以前撮ったことがある場所だから、と云う消極論であり。
梅雨入り前の、春に芽吹いた若葉にとっては思春期とも言えるこの季節の、活々とした風景をB787に添えたかった、と云う積極論でもあり。
この場所に立った理由を自分なりに肯定し、変わらない風景のもとで再び会えた喜びを、この一枚に。

2018年6月

[20180725]
NH319と、夕陽の絡みが楽しめる季節。
昼のうちに他機が作ってくれた雲の情景を背に、B3が往く。

ヒコーキに対する写欲低下が原因なのだが、300番台の便名には未だ馴染めない。
例えばたまたま見かけたクルマのナンバープレートが800番台、特に885・888・887(この順序で書いちゃうところが憎い)だったりすると、背筋がピーンと伸びた後に武者震いしちゃう。
あとは824なんてのもね、ジーン…って来る。
まぁジジィが話を盛り気味に武勇伝を語るようなもの、だな。

2018年6月
[20180720]
羽田では滑走路脇にある燃料貯蔵タンクを背景に、ヒコーキが飛ぶ姿を見られるらしい。
富山は住宅地にある燃料貯蔵タンクの背景に、ヒコーキが飛ぶ(ちなみにトリプルセブンです)。

2018年6月
[20180130]
殆どセンサーダスト状態な、NH312が離陸上昇するシーンに出会えた。
撮ることは少なくなったが、やっぱりヒコーキのことは気になる。


カメラマンの皆さんの、お目当な瞬間。
御来光でござるよ、ニンニン。

[20171221]
デジタルカメラと云う、機械のようなオモチャは大好物だ。
久しぶりに僕が生まれた頃のレンズを付けて、空を覗いてみた。
好きなレンズを一本だけ持ち出すならば、やっぱり28mmを選んでしまう。
そろそろ50mmも使えるようにならなきゃいけない歳だわ…。

今年もお世話になりました。
少し早目ですが、年末のご挨拶とさせていただきます。

2017年12月


2017-12-21(Thu) 00:02 富山きときと空港 | 編集 |
HOME NEXT
copyright © 2005 タム all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
QRコード

QR