プロフィール

タム

Author:タム
適量の鉄分。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ばっかり、空。 【De-Briefing】
[20180720]
羽田では滑走路脇にある燃料貯蔵タンクを背景に、ヒコーキが飛ぶ姿を見られるらしい。
富山は住宅地にある燃料貯蔵タンクの背景に、ヒコーキが飛ぶ(ちなみにトリプルセブンです)。

2018年6月
[20180130]
殆どセンサーダスト状態な、NH312が離陸上昇するシーンに出会えた。
撮ることは少なくなったが、やっぱりヒコーキのことは気になる。


カメラマンの皆さんの、お目当な瞬間。
御来光でござるよ、ニンニン。

[20171221]
デジタルカメラと云う、機械のようなオモチャは大好物だ。
久しぶりに僕が生まれた頃のレンズを付けて、空を覗いてみた。
好きなレンズを一本だけ持ち出すならば、やっぱり28mmを選んでしまう。
そろそろ50mmも使えるようにならなきゃいけない歳だわ…。

今年もお世話になりました。
少し早目ですが、年末のご挨拶とさせていただきます。

2017年12月


2017-12-21(Thu) 00:02 富山きときと空港 | 編集 |
[20171214]
学会に参加するため、富山を訪れたお客様の会話が漏れ聞こえてきた。
「富山空港って、意外と市街地に近いのね。
市街地にある空港って珍しいのよ。
着陸するときに窓から外の風景を見ていたら、建物にぶつかるんじゃないかって怖いくらいだったわ。
福岡に行ったときはホントに街の中の空港、って感じだった。
富山空港から大学までは、タクシーで20分くらいでしょ。
福岡空港から学会の会場までの時間だと思えば同じよ、空港で学会があるワケじゃないんだから。」

この一枚のタイトルは『小春飛和(こはるびより)』、尊敬する伊丹の友人の言葉遊びから浮かんだもの。
そこに僕は「爺、今度の参勤交代はヒコーキで江戸へ参るぞ」とのサブタイトルを添えた。
殿様と爺が城を眺めながら作戦会議している傍を掠め飛ぶヒコーキ、その様子を滑稽に表現してみた。
第2回 富山空港フォトコンテストに応募するも華麗に落選した、僕の会心作だ。

一級河川 神通川の河川敷に二千メートルの滑走路…とは、富山空港の特異な立地条件を現すものだ。
その背景に屏風絵の如くそびえる三千メートル級の山々は、富山空港を魅せる最大の要素であることに間違いない。
だがそれは航空ファンや写真愛好家の目線であり、利用者の目線ではない。
神通川とヒコーキ・立山連峰とヒコーキの写真なんて、飽きるほど撮った。
そしてその完成度は誰にも負けないと自負している、このフォトコンテストの受賞者よりも。
…が、何を書き並べようとも全ては負け犬の遠吠え、であることも承知している。

2017年11月

[20171128]
ずっと雨降りばっかりだったからって、夏の間じっとしていたワケじゃない。
「ヒコーキを雨の日らしく撮ることは出来ないものか?」と、トライしてみたりもした。
鉄ならばなんとなくそれらしく、撮れたこともあったから。
でも結構降っていたのに雨感なんて全く無し、やっぱヒコーキは難しいわ、どう撮るにも…。

2017年8月

[20171121]
複数箇所で撃沈ショットを連発しちゃった、晴れの特異日。
それでも気持ち良く、久しぶりの晴天休日を楽しんだ。
…ってかコレ、秋感無ぇなぁ。

2017年11月

[20170808]
せっかく夏休みを謳歌しているのに…。
この応募期間で未発表作品とは、正直キツいぜ。



2017-08-08(Tue) 18:02 富山きときと空港 | 編集 |
[20170721]
俯いて考えてばかりじゃ、
ナイスなアイデアなんて浮かばないぜ?

2017年5月

[20170618]
そりゃあ真冬の視程とは比べるまでもなく、陽炎の影響だって気にはなる。
冬場にトリプルセブンが飛来することなどまず無い、我がベース。
剱岳とのコラボ、僕は初体験だった。

シュっとした小顔に豊満な躰がけしからん、魅力溢れるお嬢ちゃんが夏の剱岳を翔け上がった。
今が旬な黄色いヒコーキならば、最高のエクスタシーを味わえただろう。
でも美味しい話なんて、そんなにたくさんあるもんじゃあない。

2017年6月

[20170615]
梅雨入り前の清々しい季節、社員旅行や修学旅行などの団体が多いのだろう。
我がベースにも大きなヒコーキが飛んで来るようになってきた。
見慣れた景色の中を往くヒコーキを見て「デケぇ〜」と呟き、エンジン音に酔いしれる。
やっぱアメリカ製品は、デカいヤツほど偉い。

2017年6月


HOME NEXT
copyright © 2005 タム all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
QRコード

QR