プロフィール

タム

Author:タム
適量の鉄分。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ばっかり、空。 【De-Briefing】
[20140630]
あえてフレームアウトさせたんだけど、画面右側の向こうには大魔神がいたんだ。
んで、大魔神がB6に息を吹きかけたらフワっと宙に浮かんで、東京までふっ飛んでった。

FUJIFILM X-E2 + XF18-55mm 2.8-4 R LM OIS

2014-06-30(Mon) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20140527]
KIPON BAVEYESを配備してみた。
縮小光学系を搭載したマウントアダプターで、マスターレンズの0.7倍で撮影が可能となるアイテム。
例えば50mmレンズとX-E2を組み合わせた場合、50mm(マスターレンズ)×0.7倍(アダプター)×1.5倍(APS-Cセンサー)=35mm判換算52.5mm相当となる。
APS-C機でマスターレンズをほぼオリジナルの画角で撮影出来る。



ヒコーキ写真家の皆さんならば馴染みのあるエクステンダー、要はそれの逆バージョンだと思えば良い。
ドイツのIB/E OPTICS社が担当しているという3群4枚構成の光学系が内蔵されており、物理的に装着不可能なカメラとレンズを合体させるだけのマウントアダプターとは違い、立派にレンズの一部のようだ。



さて5/24の午後、白昼の天体ショーを見ることが出来た。
まずは太陽の周囲に虹が出来る「日暈」と、さらにその下にも水平な虹が出来る「水平弧」が写った一枚。

X-E2 + KIPON BAVEYES + S-M-C TAKUMAR 1:4.5/20


これは日暈と共に写った、太陽を貫いて天頂を中心に円を描く「幻日環」。
翌日の新聞報道によると「楕円環」、「幻日」の全5種類が出現したそうだ。
今までありそうで無かったニッチなアイテム、KIPON BAVEYES。
その初撮りは、壮大な白昼の天体ショーだった。

X-E2 + KIPON BAVEYES + S-M-C TAKUMAR 1:4.5/20

2014-05-27(Tue) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
[20140514]
4:20、ウチの町内の田圃に映る、日の出前の立山連峰。
玄関から100mの距離にある、この時期だけの絶景ポイント。

FUJIFILM X-E2 + XF18-55mm 2.8-4 R LM OIS

2014-05-14(Wed) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
[20140508]
冷たい雨が降った、こどもの日。
その翌日の連休最終日、空は見事に晴れ渡った。

「カッコいいねー!(B787だもん)」
「こっちに向かってきたよ!(風に向かって助走するんだよ)」
「速いねー!(ロールス頑張る)」
「飛んだー!(ヒコーキですから)」

何組もの親子連れが、羽田行きのヒコーキを見送っていた。
みんなヒコーキ好きじゃん!

共にFUJIFILM X-E2 + XF18-55mm F2.8-4 R OIS


目的地はいつも空港。
たまには空港から先へ、行ってみたい…。



2014-05-08(Thu) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(4) | 編集 |
[20140226]
離陸後、すぐに夕刻の雲の中へ。
雲の中はちょっぴり不安。
でも雲をつき抜けると眼下には…。
真っ赤な美しい雲海が広がっているはず、たぶん。

SONY α7 + AUTO MAKINON 6.3/400mm


2014-02-26(Wed) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(8) | 編集 |
[20140223]
SONY α7 + AUTO MAKINON 6.3/400mm

2014-02-23(Sun) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(6) | 編集 |
[20140205]
赤い彗星と言いたかったが…、
黒い三連星と書こうとも思ったが…、
どう見ても白い。
宇宙(そら)への憧れ、果てしなく。

SONY α7 + S-M-C TAKUMAR 3.5/28mm


2014-02-05(Wed) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(4) | 編集 |
[20140124]
タイトルの通り、海に写り込んだ空の色。

全てPENTAX Q7 + 02




海水浴シーズンは、監視員のオニーサンの管制塔。
今は寂しい、冬のオブジェ。



脚にビッシリこびりついたフジツボ。
僕的にはこんなグロいヤツじゃなく、コンパクトなレンズに組み合わせるフジツボフードの方がお好み。



2014-01-24(Fri) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(10) | 編集 |
[20140121]
ここで油を燃やして雲を造っている。
その副産物として電気も造られるそうだ。

共にPENTAX Q7 + 02


上の写真を撮ってから約5分後、空から灰が降ってきた。
環境破壊の上に成り立っている人類社会、代償という名の副産物。

(上の写真で右から迫って来ているのは雪雲。
ここで写っている灰という名の物体は雪なのです。)



2014-01-21(Tue) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(10) | 編集 |
[20131222]
たまには晴れてもらわんとな。
こう毎日雨じゃ、やっとられんわ。

右下のセンサーゴミみたいなヤツ、ヒコーキなんです。
そこんトコ、よろしく。

ENTAX K-5ⅱs + smc DA 70mmF2.4 Limited


2013-12-22(Sun) 05:00 | トラックバック(0) | コメント(10) | 編集 |
HOME NEXT
copyright © 2005 タム all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
QRコード

QR