プロフィール

タム

Author:タム
適量の鉄分。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ばっかり、空。 【De-Briefing】
[20130228]
冬から春へ、季節はローテーション。
風を捉え、大空へ向かってローテーション。

DPP_3843-s_convert_20130219152749[1]
[20130227]
屋根雪が溶け、水がポタポタ落ちてくる。
いやいや、実際にはダダ漏れ状態。
写真マジックですね。

R0019077-s_convert_20130219153728[1]
[20130226]
春が近いんでしょうか。
雪が溶けた線路敷きから、犬釘の芽が顔を出していました。

R0019074-s_convert_20130219153655[1]
[20130225]
気がつけば、
いつの間にか陽が長くなっていましたね。

R0019064-s_convert_20130219153616[1]
[20130224]
晴れた暖かい、とても穏やかな午後でしたね。
富山でも鈍い揺れを感じました。
多くの人々の「あたりまえ」が奪われてから間もなく2年。
日本中の心がひとつになろうとした、あのときの気持ち。
もう一度、思い出してみませんか?

「心をひとつに、がんばろうニッポン。」
このヒコーキには、そう描いてあります。

DPP_3857-s_convert_20130221130015[1]
[20130223]
お気に入りのポイントでお見送り。

DPP_3856-s_convert_20130221125911[1]
[20130222]
朝イチで出掛けるほどのものではない。
でも、雪が溶けてしまっては話にならない。
午前中、太陽がカンカン照りになる前に。
一応、願いは叶って。

DPP_3855-s_convert_20130221125804[1]
[20130221]
二月中頃の在庫より。

普通車がやっとすれ違えるほどの農道。
路肩には雪が溶けて出来た水溜り。
その幅、50cmほど。
GRDを手放せない理由のひとつは、これだ。

011-s_convert_20130211161657[1]

2013-02-21(Thu) 07:00 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
[20130220]
富山の昨夕の空。
空好きセンサーがビンビンに反応!

DPP_3851-s_convert_20130219173337[1]

2013-02-20(Wed) 07:00 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
[20130219]
冬は南風、夏は北風が吹く富山。
冬にRWY 02へのサークリング・アプローチを見ることができたならば、
それはとてもラッキーなことなのです。

DPP_3817-s_convert_20130206094513[1]
[20130218]
男たちが解放されるとき。
それにしても何なんだ、この曲線美は。
(はい、今回が窓シリーズのオチでした。)

R0018894-s_convert_20130206094802[1]
[20130217]
電車の進行方向、ドアを開ける方向。
都合の悪いこと、聞きたくないこと。
右から左へ。

R0018931-s_convert_20130206094843[1]
[20130216]
変身に少々、お時間を要します。

R0019058-s_convert_20130213150939[1]
[20130215]
昭和よりも古い窓から見える、昭和の電車。

004-s_convert_20130211162104[1]
[20130214]
貴方がいる場所からは、
今、何が見えますか?

R0018891-s_convert_20130206094720[1]
[20130213]
視界不良時の安定運行の為にILSを設置したいところだが、地形的に困難。
富山空港はLLZによるアプローチを行っており、1nm手前でRWYインサイト出来ることが着陸の最低条件。

想像してみてほしい。
雪が降りさくっているときに高速道路を300km/hで走り、
2km程も先を視認できるだろうか?

雪国のくせに冬になるとヒコーキが来ない、飛ばないという話になるが、
富山空港とパイロットさんの名誉の為に本当のことを書こう。
雪に弱いんじゃない、視界不良に弱いだけなのだ。

北陸新幹線の着工により予算的に厳しくなり、完全に頓挫してしまった富山空港の移設案は、実は昔からあったそうだ。
市街地を避けるために、おそらく海岸線への移設案もあっただろう。
ここからのアプローチシーン、見てみたい気がする。

R0018962-s_convert_20130206095002[1]
[20130212]
いくら田舎の空港でも、
管制塔がこんなに小さいはずはない。

R0018960-s_convert_20130206094928[1]
[20130211]
魚が水の中から人間社会を覗き見したら、
こんなアングルかな、って。

いや、違うな。
まずは、フィッシュアイレンズを配備せねば…。

R0018437-s_convert_20130117141323[1]

2013-02-11(Mon) 07:00 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
[20130210]
この瞬間の感動を共有できれば幸いです。

DPP_3806-s_convert_20130204110417[1]
[20130209]
同じ季節、同じ場所に立ち三度。

DPP_3809-s_convert_20130204110534[1]
[20130208]
氷が溶けた水溜り、
アシアナのA320が泳いでいた。

DPP_3802-s_convert_20130204110246[1]
[20130207]
「おーい、待ってくれよ!」

「ここまで来てごらん?」

DPP_3803-s_convert_20130206094418[1]
[20130206]
君はもう、
走ることをやめてしまったのかい?

R0018581-s_convert_20130117141605[1]
[20130205]
晴れたり、薄い雲が出たり、
めまぐるしく変わる空だったけど、
この機の行く先は快晴の空。

DPP_3785-s_convert_20130130091837[1]
[20130204]
冬になると撮りたくなる一枚。
年中撮れるけど冬じゃないとダメなんだ、少なくとも僕は。
よく似たヤツを去年の富山空港フォトコンに応募したけど、ボツでした。
入賞したヤツよりも自信あったんだけどな。

DPP_3783-s_convert_20130130091747[1]
[20130203]
クリーンでこんなのは、
今まで撮ったことがなかったな。

DPP_3778-s_convert_20130130091514[1]
[20130202]
肝心のヒコーキが小さいけど…。
憧れの空撮風。

DPP_3775-s_convert_20130130091418[1]
[20130201]
みんな、いちばんになりたいものさ。

R0018843-s_convert_20130130093034[1]
HOME
copyright © 2005 タム all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
QRコード

QR