プロフィール

タム

Author:タム
適量の鉄分。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ばっかり、空。 【De-Briefing】
[20141130]
朝の光を浴びながら、羽田発の一番機が下りてきた。
早朝の街にジェットサウンドが響く。

初投稿は護国神社の大銀杏とヒコーキ。
ここで撮った一枚から僕のブログ生活はスタートした。
「富山空港の魅力を伝えたい」などと云う、身の丈以上の目標を掲げて四年。
今まで知らなかった富山の風景、その魅力に誰よりも僕自身がいちばん驚いている。

RICOH GR
[20141127]
晴れの特異日と云われる11/3、ほぼ一日を通して冷たい雨が降っていた。
午後からは雨の止み間があり、何かを期待して空港へ。
NH887がインバウンドする頃、雲が割れて空に表情が生まれた。
ただの水溜りが、空を映す大きなキャンバスになった。

RICOH GR
[20141124]
空港スポーツ緑地には人工的なせせらぎと、日本庭園がある。
トラフィックが少ない空港だが、時間を持て余すよりも散歩しながらこの恵まれた環境を積極的に楽しむのが正解、と思うようになった。

FUJIFILM X-E2 + XF18-55mm 2.8-4 R LM OIS


滑走路の横を流れる神通川の源流をイメージしたのだろうか。
トラフィックが無いとき(の方が多いが)は、ここが滑走路から100mほどしか離れていないことが信じられないくらいに静か。

RICOH GR
[20141122]
北陸新幹線開業まで、あと110日。
先般、地元最有力紙の1面に掲載された記事を紹介したい。

・全日空は北陸新幹線が開業する3/14以降、便数を維持したまま機体を小型化する方針を県関係者に伝えた。
・B3とB6がそれぞれ3往復となり、最新鋭のB8は姿を消す。

お隣の石川県で大きなシェアを持つ新聞の富山県版も、この話題を大きく扱っていた。
それによると機材の小型化はウインタースケジュールの期間でサマースケジュールは未定とし、また全日空の小松空港発着羽田便も同様のフリート体制になることを伝えていた。

B787が富山に就航した時、欲しかった玩具を手に入れたときの子供みたいにはしゃいだ。
桜との絡みは一度きりだった。
夏らしい大きな雲と一緒に撮りたかった。
もう紅葉とも絡まない。
雪景色はまだチャンスがある。
最後の季節を、思いっきり撮り尽くそう。

X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
[20141121]
タキシングを開始したヒコーキ。
クルマから下りたら、想定外の空が待っていた。
宇宙旅行の始まりのようなシーン。
三日月と目が合った瞬間、コレで行こうと決めた。

FUJIFILM X-E2 + XF18-55mm 2.8-4 R LM OIS

[20141118]
秋の護国神社境内。
どんな感じに色付くのだろう?
大いに期待しながら向かった。
社壇・紅葉・ヒコーキのセット、ちょっぴり欲張り過ぎちゃったかも…?

FUJIFILM X-E2 + XF18-55mm 2.8-4 R LM OIS

[20141115]
我が町内や富山空港へ向かう道路に、街路樹として植えられているハナミズキ。
その根元に咲いているのを見掛ける花だが、秋はハナミズキの紅葉した赤い葉との対比が面白い。
それが何故かひと株だけ、神通川の堤防に咲いていた。
紅葉ばかりに目が向く中、初々しいピンクがとても艶やかだった。

RICOH GR
[20141112]
ほぼ毎年、ここで紅葉した木々とヒコーキを撮っている。
今年はこの公園の木々の中で、いちばん大きなケヤキにモデルになってもらった。

撮影しながら思い出した。
去年の夏以降は天候が悪く秋らしい写真が撮れず、不満が鬱積していた。
今年は夏らしい写真は撮れなかったが、秋のイメージにはツキがあるようだ。
季節の風景を求めているからこそ、その一枚から蘇る記憶がある。

FUJIFILM X-E2 + XF18-55mm 2.8-4 R LM OIS
[20141109]
秋の気配が漂い、コスモスが咲き始める9月。
日中はまだ夏の風が吹き込み、光線状態に恵まれるもののアプローチ機の姿はここには無い。

共にX-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS


何度も失敗して、少しずつ思い描くイメージに近くなってきた。
今更感満載、ここにアップする頃には暦の上では冬に。

[20141106]
少々判りにくいけれど、銀杏の実が生っている。
僕はこの匂い、あんまり好みじゃない。
なので撮影後は即撤収。
でも黄葉した頃にチャンスがあったら、またここに来てみようと思う。

RICOH GR

[20141103]
朝晩の冷え込みが厳しい。
下界は雨でも立山は雪、早朝の室堂は路面が凍結する。
晴れた日には富山市内からも立山連峰が見え、いよいよジッとしていられない季節が到来。
今シーズンの立山ショット一発目はB6、剱岳を翔け上がる。

FUJIFILM X-E2 + Tele-Takumar 1:5.6/400mm (16:9 に縦方向のみトリミング)
HOME
copyright © 2005 タム all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
QRコード

QR