プロフィール

タム

Author:タム
適量の鉄分。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ばっかり、空。 【De-Briefing】
[20160930]
「富山ライトレール開業10周年記念・ポートラムフォトコンテスト」に応募しましたところ、タイトル『住友運河の桜』が入選しました。
最優秀賞ではなく、優秀賞でもなく、その下の…つまりいちばんビリ賞です。
(富山ライトレールのホームページ、結果発表はこちらから。)

私事ですが、娘が生まれたのが富山ライトレール開業と同年同月であり、10周年記念ラッピング電車にもたくさんの同い年のお友達と共に、娘の将来の夢も書かれていました。
縁ある路線の節目の年に栄えある賞をいただけましたことを、とても誇りに思います、ありがとうございました。

[20160927]
バスを下りたときに見えた、ガラスの壁面が印象的だった。
宴の集合時間の15分前、バス停もうひとつ分を歩いて写欲を満たす。

市内軌道線/西町〜中町

2016年9月

GR

[20160924]
曇りがちな一日だったが、時折陽が射すとその光線は力強い。
去年撮った経験がある分、絡むことは保証された護りの画。
ならば焦点距離を伸ばしてみよう、画面内の密度を高くしてみよう、海岸に腹這いになってみよう。
その少しずつの差が今年バージョンの画になった、と思う。

ILCE-7M2 + Tele-Takumar 1:5.6/400

[20160921]
丘の向こうには何があるのだろう?
そんな期待を抱かせてくれる坂道。


そこはイーグルが巣へ還る道。
爆音が聞こえなければ、もっと静かな町なのに…。
でも多分それは、他所者のお節介。
ここで暮らす人たちにとっては、基地があることも含めてそれが大切な日常なのだ、と思う。

共にILCE-7M2 + SEL24240

[20160918]
ケロリン桶には関東用と関西用、2種類のサイズがある。
関東用 - 直径225mm×高さ115mm
関西用 - 直径210mm×高さ100mm
これは関西には湯舟(浴槽)から桶でかけ湯をする習慣があり、関東用を使った場合湯が入りすぎて重くなってしまうためである。
ケロロ桶は2013年から発売されており、通常品同様に関東版と関西版の2種類が用意されている。
ーWikipediaより引用 及び 編集ー

当初ケロリン桶は白だったのだが、汚れが目立たないように黄色く着色された材料に変更された。
土産物屋やAmazonから、定価で買うと結構お高いケロリン桶。
馴染みの銭湯で売ってもらう、と云う入手法もある。
そうやって手に入れた新品のストックが、我が家には2個ある。
ー僕の余計な知識 及び 我が家のプチ自慢ー

市内軌道線/富山駅付近

2016年8月

GR
[20160915]
何もここまでしなくても…と、思っちゃう。
乗ってみるとなかなか楽しい。
在籍車輌の半数が車齢50年超。
リアルにレトロ、である。

市内軌道線/富山駅付近

2016年8月

GR

[20160912]
時には色を無くしてみたり、
そしてまた時には色を転がしてみたり。


頼りになる電子水準器で、水平やアオリをチェックし続けているかと思えば、
そんなの完全無視で、画面内にインパクトを求めてみたり。

富山駅北〜インテック本社前

2016年8月

共に(僕の身勝手にいつも応えてくれる)GR
[20160909]
剱岳を背景に、RWY20へとアプローチするヒコーキ。
最早説明不要級富山的定番飛行機写真、である。
その撮影ポイントである、白鳥城址へと向かうワインディングロード入口付近には、JR高山線のレールが延びる。
ヒコーキ撮影していたときは当然スルー(笑)、人生初の高山線撮影は思い出の場所への入口で。

高山線/富山〜西富山

2016年8月

GR


2016-09-09(Fri) 00:02 JR | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
[20160906]
暑い中、町内の方が交代で番をしておられた。
橋地蔵と呼ばれているこのお地蔵さん、名に『橋』と付くものは珍しいのだとか。
歴史やその名称の由来等については、当方の勉強不足により割愛。


近所のお婆ちゃんたちによる手作りの飾り付け。
どれも古いものばかり、昭和○○年との記述も。
手間を惜しまぬ、懐かしい時代の残り香。
(許可を得て撮影しています)

市内軌道線/小泉町〜西中野

2016年8月

共にGR
[20160903]


地蔵盆(じぞうぼん)とは地蔵菩薩の縁日。
厳密には毎月24日であるが、一般的にはその中で特にお盆にも近い、旧暦7月24日のものをいう。
ただし寺院に祀られている地蔵ではなく、道祖神信仰と結びついた路傍や街角のお地蔵さん、いわゆる辻地蔵が対象となっている。
ーWikipediaより引用 及び 編集ー

地蔵へと向かう小路。
提灯飾りのトンネルから、市内電車を眺める。

市内軌道線/小泉町付近

2016年8月

共にGR

HOME
copyright © 2005 タム all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
QRコード

QR