プロフィール

タム

Author:タム
適量の鉄分。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ばっかり、空。 【De-Briefing】
[20170227]
剱岳を翔け上がる、1645時。
この冬、五本の指に入る立山日和だった1月26日。
早朝から上滝線、立山線、JR高山線と撮り歩き、ヒコーキで〆の一枚。
B3を撮るにはここでは低いことなど承知の上、しかし幾日もかけてベストな撮影ポイントを探し、いつ訪れるかわからない本番を待つ情熱など無く…。
駄菓子菓子、あと胴体3個分高ければ剱岳の頂上の対を成し、意外と画になるのではなかろうか?
徐々に紅く染まる剱岳を眺めながら、この日から二年も前の奇跡のような日
(①立山眺望予想0%だったのに、絶好の立山日和になった。
②ニュー千歳の悪天候により、来るハズの無いB787が来た。
③そのB787が、剱岳を翔け上がった。)
の事を思い返した由。

2017年1月
□  by kao

お世話になっております

ほんと、午後、順光での撮影チャンスが
この320便だけってのが悲しいですね
ヒコーキ撮影、ほんと厳しく感じます最近

タムさんの劔をみることができて
ほんと嬉しいです
尾根が描く影の表情っ そして色の変化に
魅了されます。

ここに書く事では無いかもしれませんが
お許しくださいませ
昨年、タムさんから熱く熱く指導を受けて
自分なりの熱い思いを持って
某雑誌に投稿しましたが…まさかのピン甘の指摘等
せっかく教わったのに…とても申し訳ない気持ちで
一杯でした

頭の中でリベンジを誓い、そして2017年を迎え…
2月4日 私も その場に再度、立たせて頂きました
ワンチャンス、今年も条件は一緒
さて、
出力結果はといいますと…現像して某雑誌に送りました
掲載結果でBlogにあげようかなっと思っていました
仮に掲載されて、また同じような…コメを頂いたら…という
不安もありますが、審査員に思いが伝わるくらいじゃないと
駄目だと思いますし、そうじゃなきゃ せっかく教えて頂いたタムさんへ
恩返しができません

結果は… 神の味噌汁…

失礼しました

※駄目だったら、また来年チャレンジさせてください (

2017-02-27(Mon) 13:03 | URL | #- [ 編集 ]
□ Re: タイトルなし by タム

kaoさん、こんにちは。

あれほどの立山日和、よもや富山市中心部だけでお帰りになるとは思ってはおりませんでしたよ。
貴重なチャンスですもんね、活かさなきゃ!

さて、残念ながらもうここでは、エクスタシーに達することは出来なくなってしまいました。
当然でしょう、絡むことが保証されているのですから。
絡むのか絡まないのか、そのやりとりこそが醍醐味。
そしてここにB8の姿があったこと、僕にはそこに意味があったのです。

僕はあの一枚をA3プリントし、リビングで楽しんでいます。
日々眺めておりますと、あの感動が蘇ります。
しかも欲は深まるばかり、もっと撮れるんじゃないか、と…。
その可能性を見出せるのが、今の僕にとっては風景を往く鉄道なのです。

最近ではすっかり魅力が失せてしまった(と感じる)、某誌。
原因は中野耕志先生のコーナーが無くなったことと、そして新鮮味の無い投稿コーナー。
僕がいままで勉強してこなかったジャンル故の理由もありますが、その点で鉄道風景は奥が深い…。
故 真島満秀先生の作品をトレースしているだけ、とお弟子さん方の作品を酷評される方もいます。
確かにそうなのでしょうけど、現代の機材で撮った作品は繊細な魅力がありますし、ならば最初から真島先生の作品から学べば良いだけ。
それを富山の風景で再現できないか、かつてルーク先生の作品から得たインスピレーションを元に撮影ポイントを探した楽しみ方は、今も僕の中のテーマであり続けています。


2017-02-27(Mon) 15:26 | URL | #- [ 編集 ]
□ http://fromtoy.exblog.jp/ by 本多

素晴らしい御剱ですね。しかし、B3とB8の決定的な違いが感じられてしまうのもまた事実ですね・・・。

私もあの日を思い出しますが、自分はあの頃はまだ河川敷に立つことしか知らず、そこからグッと離れて撮影する魅力に気付いたのはB8・B6が姿を消してからの事でした…(泣)

私もタムさんの写真を見て以来、冬の立山と飛行機の絡みをそれまで以上に真剣に追いました。タムさんの作品には遠く及びませんでしたが、何枚かは自分なりに満足のいく写真を撮ることができました。また、立山以外にも数多くの魅力を知り(知ってしまい)、飛行機写真を心から楽しむことが出来ました。富山にいるうちにその魅力に気付くことが出来て本当に良かったです。ありがとうございました。これからは新潟の地に移るので、この素晴らしい環境からは離れることになりますが、新しい土地で隠された魅力を掘り起こすのが楽しみです。

2017-03-03(Fri) 03:20 | URL | #nmxoCd6A [ 編集 ]
□ Re: http://fromtoy.exblog.jp/ by タム

本多さん、お久しぶりです。

勿体なきお言葉、涙が出そう。
貴方が富山に住んでいたからこそ、貴方と知り合えたこと、貴方がいてくれたからこそ。
だからこそ経験できたこと、大切な仲間との出会い。
其れ等全てに感謝しつつ、御礼を申し上げなければならないと思っています、ありがとう。

さて一目でソレとわかるインパクトの強さ、富士山と同等ではないでしょうか、剱岳。
一目見てソレとわかると云えば、787ロゴのあるB8もまた然り。
そんな大物役者の共演だったのですから…。
良い夢を見せてもらった、そう思っています。



2017-03-03(Fri) 09:32 | URL | #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://rjnt.blog.fc2.com/tb.php/851-ac956c0e
HOME
copyright © 2005 タム all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
QRコード

QR