プロフィール

タム

Author:タム
適量の鉄分。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ばっかり、空。 【De-Briefing】
[20170312]
海岸線を往く列車を見たくなり、氷見線デビューした2月最後の日。

氷見線/越中国分~雨晴

2017年2月


2017-03-12(Sun) 00:02 JR | トラックバック(0) | コメント(4) | 編集 |
□  by kao

お世話になっております
ここまで沈み根が見えるほど
ベタ凪の磯場を征く氷見線
神秘的で美しい
空模様といい日本海情緒満点の景色の中
忍者はっとりくん が走る姿 は
もう氷見線の景色になりましたねー

素敵な情景、見させて下さい
ありがとうございます


※自転車も解禁で
 ついこの前も子と駅まで行って
 手を振りに行きましたw



2017-03-14(Tue) 08:34 | URL | #- [ 編集 ]
□ Re: タイトルなし by タム

kao殿

初めて氷見線を眺めに行ったでござるよ。
天候は予報ほど良くはなく、立山殿のご機嫌ももうひとつ。
旧くて重厚な車輌がガタンゴトンとゆっくり走る姿、地響きのような音にココロが震えたでござるよ。
すっかり虜になってしまった氷見線、昨日も行ってみようと思っていたのでござるが、また来冬の課題にするでござるよ。
そして拙者も昨日、忍法チャリンコの術を試してみたでござるよ。
おかげで今朝は尻が痛くなってしまい、毎度シーズン始めの辛さを感じているのでござるよ、ニンともカンとも…。

2017-03-14(Tue) 14:39 | URL | #- [ 編集 ]
□  by みつみつ

こんにちは。

床の中から山を眺めたら残念な光景でしたが、流石タムさん!女岩の配置と穏やかな富山湾。その先に広がる能登半島を背にまさに海沿いを往く気動車。美しい作品です!ハットリ君の派手なラッピングなのに、この重厚感は国鉄車両にしか出せない雰囲気ですね!
また天気の良い日に休みが合えば(中々合わず申し訳ありません)是非、お供させて下さい!

2017-03-14(Tue) 17:12 | URL | #- [ 編集 ]
□ Re: タイトルなし by タム

光広殿。

いくつかの資料を元に、氷見線らしい光景を探したのでござるよ。
とは云うものの海岸に面した区間はごく僅か、現場でこの光景に出会った方が感動的だったかも知れませぬ。
拙者のような者でも撮れてしまう懐の深さ。
これもまたこの区間の魅力。
しかしながら車輌が大きく写ってしまい、理想の一枚とはならなかったことを悔やんでいるのでござるよ。
この点は次回への課題、精進せねば…。

さて来冬は日出と氷見線、出来れば気嵐と絡めてみようと考えているのでござるよ。
万葉線とセットで出掛ければ、多くの釣果は間違いなし。
いよいよ写真にも加齢臭が漂う歳になってきたかと思うと些かアレではござるが、理想は高まるばかり。
その節には是非とも光広殿にお供願いたい、そう思っているのでござるよ、ニンニン。

2017-03-14(Tue) 19:56 | URL | #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://rjnt.blog.fc2.com/tb.php/856-3f596a20
HOME
copyright © 2005 タム all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
QRコード

QR