FC2ブログ
プロフィール

タム

Author:タム
適量の鉄分。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ばっかり、空。 【De-Briefing】
[20180630]
参道、と云えるだろうか?
高山線の高架橋、高さ・車幅制限の標識、その奥に見える鳥居。
さて、これをどう料理しようか。
列車が通過した後、僕等には珍しくお互いの写真を背面モニターで見せ合った。
撮影意図が見事に同じ、笑えた。
バカを伝染(写)してしまった。

高山線/楡原〜笹津

2018年4月

2018-06-30(Sat) 00:02 JR | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
□  by みつみつ

こんにちは。

集落から神社まで真っ直ぐに伸びる道。線路をくぐり抜けた立派な参道でしたね。
光栄な事で考える事が一致しましたね!それぞれ構えてお互いの手の内も明かさずに。だった事を思うと思わず笑ってしまうひとときでした!

作品の方ですが、タムさんのアクロバティックな体制から見る世界。僕はあの鳥居の先に登る参道をどうやっても上手く取り入れられなかったので作品を拝見してあの体制だった事が納得です。低い高架下を更に低い目線からバランス良くアイテムを取り入れられてしまう所は流石です。あの少し寂しげな雰囲気もあの場にいた時間が蘇ってまいります。僕は詳細の詰めが甘くお蔵入りに。
タムさんの細かな拘り、自分が感染りたい部分です!僕のバカさは持って生まれたものなので…。

2018-07-02(Mon) 12:46 | URL | #- [ 編集 ]
□ Re: タイトルなし by タム

光広さん、こんにちは。

かつてですね、T4ブルーの迫力ある腹写ちにどうしても納得できず、件の態勢で超望遠レンズを構えて会心作を得たと云う方がいたそうで…。
立って撮るのと何が違うのか、サッパリわかりませんでした。
でもあぁして、広角ではありましたがファインダーを覗いてみますと、たしかに違う。
目的の為なら恥も常識も捨て、スケベ心を全開にした者にだけ見える世界、とでも申しましょうか。

幸いなことに僕は、いつも奇策で楽しませてくれる同僚に恵まれていましてね、◯ケ氏と云うんですが。
彼ならどうすっかな〜って想像したら、あの姿勢になった次第です。
尚、前出のT4ブルーの件は、タ◯氏のことではありません。
お間違いの無いよう。

2018-07-02(Mon) 13:56 | URL | #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://rjnt.blog.fc2.com/tb.php/984-6f89a05d
HOME
copyright © 2005 タム all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
QRコード

QR